LOTUS EVORA

ロータス社としてはなんと14年ぶりとなる新型車です。

イギリスの権威ある雑誌AUTOCARの記事の中で2009年度のベストハンドリング選手権No1を獲得した素晴しい車です。

今までのロータスエリーゼ・エキシージと違う所はどこか?
ロータスはこの車で一体何を提案したいのか?

車に乗り込んで一番に思うのは高級感。パーツ一つ一つの質感があがった事でしょう。

ハンドルの両サイドに付いているボタン式のスイッチはデザイン、押した時の質感共に好感もてます。

シフトノブ、サイドブレーキも革が巻いてあり高級感満載になりました。

たまにチリの合ってない部品はありますがそこは小さな会社なのでこだわれない愛嬌の部分としましょう。

キーを捻ってエンジンをかけるとこれがロータス?と言いたくなるほどのスムースなアイドリングを感じて頂けると思います。
このアイドリングの振動は高級車並です。 そして走り出しても静かでスムース。
安っぽい動きは全くありません。
高速での走行ではこんなに軽量シャーシ(1390kg)なのに乗り心地の良さとスピード感の無さに驚きます。
何よりも走りにこだわるロータスだからこそ出来るこの素晴しいハンドリングも特筆もんです。

エリーゼから踏襲しているアルミとアルミを接着剤で接合すると言う新技術で作られた軽量高剛性のシャーシをベースにして、ロータスはまた新しい価値観の車を作ったのです。

今までよりも安心感があり、スポーツカーに必要な止まる、曲がるがカチッと出来て大人2人がゆったり乗れる。ロータスが提案する新しい大人のスポーツカーがエボーラだと思います。

【Check1】コークボトル ボディー真ん中を絞り込んであるのは空力的に落ち着かせる為の工夫です。

【Check2】トランク ラゲッジスペースはリヤシートとトランクがあるのでかなり実用的です

【Check3】運転席 運転席はかなり大きなドライバーでも楽に運転姿勢を取ることが出来ると思います。

【Check4】リヤシート リヤシートは荷物置き場として重宝すると思います。

【Check5】こだわりのヒンジ まるでレーシングカーの部品のような軽量化を施したヒンジがこんなところに!

【Check6】スイッチ わかりやすくてタッチも結構好きです。
2011/03/16(Wed) | 新着情報
-
laderouteHPはこちら