銀幕の世界でも。

先月末のドイツGPが終わり、次戦ベルギーGPまで

およそひと月のインターバルが設けられている、F1 グランプリ。

このひと月の間、せっかくお盆休みもあるのに、F1で愉しめない!!

という皆様に、カーレースの映画をいくつかご紹介致します♪

 

最近では、2013年の【 ラッシュ/プライドと友情 】が一番記憶に新しいでしょうか。

ニキ・ラウダとジェームス・ハントの壮絶な戦いを描いた作品です。

ラッシュは非常にプロモーションが派手に行われましたので、ご存じの方も多いかもしれませんね。

 

かの有名なアイルトン・セナについても、映画化されております。

【 アイルトン・セナ〜音速の彼方へ(原題:Senna) 】

2010年に公開されましたが、2010年日本GPの開催初日に鈴鹿サーキットで初公開となった作品です。

彼の生誕50年を記念して製作された、ドキュメンタリー映画で

セナの誕生から、レーサーとしてのデビューからチャンピオンに輝き

1994年のサンマリノGPでの事故までの生涯が綴られております。

そして、今でも自動車レースのドラマに魅了された人々の記憶に残るのが

今年で50周年を迎える【 グラン・プリ 】です。

F1 GPを舞台にドライバーズチャンピオンを争う4人のF1ドライバーの運命を描いた作品。

ドライバーの名誉挽回と最後の大勝負を盛り込んだ、フィクションのF1シーズン。

ストーリーよりも雰囲気重視の映画のようですが

実は「世界のミフネ」こと、三船敏郎のハリウッドデビュー作でもあります。

1966年に公開されたこの「グラン・プリ」については

当初全く興味のなかったエンツォ・フェラーリが、映画のラッシュを見て

その態度を一転させたそうです。

 

さらに驚くことに、作中には、Ferrari Factory内部映像があるのです。

現在でも、Factoryの中は撮影禁止。カメラの持ち込みすらNGです。

Ferrariの心臓部であるFactory内部が、この時には特別に許可をされ撮影がされております。

当時のFerrari内部を知ることができるとともに、中を撮影したということに驚きです。

ちなみに、ストーリーはともかく、技術的な面を評価され

アカデミー賞3部門を受賞した作品です。

ストーリーはともかく・・・・・というところが、なんとも言い難いですが

ご興味のある方は、一度ご覧になってみはいかがですか☆

フェラーリ正規ディーラー laderoute・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)

2016/08/04(Thu) | 新着情報
laderoute
baden-medservice.com

http://profvest.com/

maxformer.com