アストンマーティンの世界

   

アストンマーティンの聖地、イギリスゲイドンに行って来ました。

羽田空港から13時間のフライトを経てロンドンヒースロー空港到着。

IMG_1512

UK圏外の入国審査はこの行列・・・

ここから世界一厳しいという入国審査へ、

結果は、滞在期間、目的地、滞在目的などしか聞かれず3分程度で終了。

 

ホッとして荷物を受け取りハイヤーへ

ハイヤーの車種はベンツE250でした。(写真撮り忘れました)

 

目的地はイギリス中部のストラトフォード・アポン・エイボン。

無料のハイウェイで2時間の道のりです。

IMG_1682

素晴らし天気に素晴らしい景色を眺めながらハイヤーは走る走る

それにしても、イギリスの車は飛ばします。

高速道路は片側3~4車線、制限速度は90マイル!!

時速144キロです。

ハイヤーは追い越し車線を95マイル巡行でガンガン走ります。

イギリス人の他の車もガンガン90マイル前後で走り、平均的に日本より速度は速いし運転も上手い。

この環境がアストンマーティンの高速域の性能を生み出すんですね。

 

IMG_1698

約2時間でストラトフォードに到着。

シェイクスピアの生家があるイギリスの観光名所です。

IMG_1695

滞在ホテルは、ダブルツリーバイヒルトン・ストラトフォード・アポン・エイボン

こちらに6連泊します。

因みに、写真では空が明るいですが、20時くらいに撮影した写真です。

イギリスは緯度が高いので「半白夜」と言われていて21時くらいまで明るいです。

初日は移動のみで時差ぼけしないように現地時間の22時くらい就寝します。

 

IMG_1528

さて、翌日2日目の朝、迎えのバスが来るまでに朝食を済まします。

これが噂の伝統的なイングリッシュブレックファースト。

ベーコン・トマト・ソーセージ・ポテト・目玉焼き・マッシュルーム等、

イギリス人は食事に興味が薄いらしく、毎日朝食はこのような簡単なものかコーンフレークで済ますとのこと。

日本はいろいろな選択肢があるので、食に関しては恵まれた環境ですね。

IMG_1554

さぁ、いよいよアストンマーティンの聖地に到着です。

次回は内部をご紹介します!

 

アストンマーティン広島
Tel 082-255-0070
E-mail [email protected]

 

フォロー いいね!お願いします。
名称未設定-1 576213a935a4b_9038490909fac0c8064b3929cee9da4d20160616114913

 – ASTON MARTIN Official Goods , , , , , , , , , , , , , , ,

 

 

 - NEWS, 未分類