NEWS

アストンマーティン、DBS Superleggera 『女王陛下の007』 スペシャル・エディションを発表

2019-05-23

 

 

 

アストンマーティン、DBS Superleggera 『女王陛下の007

 

スペシャル・エディションを発表

 

 

 

 

 

 

 

 

l   映画『007』シリーズ第6作目の『女王陛下の007』公開50周年を記念したDBS Superleggeraスペシャル・エディションを発表

 

l   1969年の映画に登場したアストンマーティンDBSからヒントを得たオリーブグリーンのカラーを纏ったDBS Superleggera

 

l   最初のお客様への納車は2019年第4四半期から開始

 

 

 

2019522日、ゲイドン(英国):

 

アストンマーティンは、映画『007』シリーズのボンド・カーにヒントを得た最新モデル、DBS SuperleggeraDBSスーパーレッジェーラ)スペシャル・エディションを発表します。これは、アストンマーティンとイーオン・プロダクションズとの最新のコラボレーションによって実現しました。イーオン・プロダクションズは、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー・スタジオと共に『007』シリーズを製作しています。

 

 

 

今回、『007』シリーズ第6作目となる『女王陛下の007』の公開50周年を記念し、50台限定でDBS Superleggera『女王陛下の007』スペシャル・エディションが販売されます。1969年に公開されたこの映画に登場したボンド・カー、オリジナルのアストンマーティンDBSと同じオリーブグリーンのカラーを纏ったこのニューモデルは、獰猛なまでのパフォーマンスとエレガントなデザインを完璧に融合したDBS Superleggeraの圧倒的な存在感を、さらなる高みへと引き上げます。

 

 

 

007』シリーズの悪役「ブロフェルド」が、全世界を相手に陰謀を企てる6作目のストーリーが公開されてから、今年で50年が経過します。1969年モデルのアストンマーティンDBSは、世界を救う大役を託されたジェームズ・ボンドの完璧なパートナーとなりました。アストンマーティン・ラゴンダ社長兼グループ最高経営責任者(CEO)のアンディ・パーマーは、次のように述べています。「アストンマーティンはジェームズ・ボンドの代名詞です。今回のスペシャル・エディションの製作にあたっては、『女王陛下の007』に登場するDBSから大きなインスピレーションを受けました。この新しいDBS Superleggeraは、1969年の映画に登場したアイコン・モデル、DBSの特徴を受け継いでいますが、同時に、715bhpという強大なパワーを発生する5.2リッター・ツインターボV12エンジンによって、まさに“羊の皮を被った狼”と呼ぶにふさわしいモデルに仕上がっています。」

 

 

 

このニューモデルは、725PS/6,500rpmの最高出力と900Nm/1,8005,000rpmの最大トルクを発生する、高性能5.2リッター・ツインターボV12エンジンを、フロントの低い位置に、なるべく後方に搭載することで、車両の重心を下げると同時に、理想的な重量配分を実現することに成功しています。V12エンジンに施されたチューニングと、アクティブバルブや4本出しテールパイプによる新しいエキゾースト・システムにより、DBS Superleggeraは、威厳のあるパワフルなサウンドを奏でます。走行中はアグレッシブさが強調される一方で、現代的なスーパーGTらしく、高い洗練性も兼ね備えています。

 

 

 

DBS Superleggeraスペシャル・エディションは、カーボンファイバー・スプリッター、エアロブレード、ダイヤモンド旋削仕上げの鍛造ホイールを装備しています。『女王陛下の007』に登場したDBSの特徴を再現するため、このリミテッド・エディションの専用メタル・グリルには、水平方向に走る6本のクローム・バーが設置されています。エクステリア・カラーの特徴は、ボディ同色のルーフ&ルーフレールです。さらに50周年を記念するサイドストレーキや数々の専用装備により、このクルマは細部に至るまで完全な『007』仕様となっています。

 

 

 

インテリアでは、オリジナルとなった1969年モデルのDBSを模して、ピュアブラック・レザーのトリムが採用され、グレイ・ブレンド・アルカンターラがアクセントを提供しています。コックピットにはレッドのアクセント・カラーが配され、映画の中でライフル銃が収まっていたグローブ・ボックスにも、レッドの内張りが採用されています。

 

 

 

ボンド・カーのスペシャル・エディションを注文した50人のオーナーの方々は、トランク・スペースに完全に収まるオーダーメイドのドリンクケース*をオプションで選択することができます。『007』のテーマに沿って製作されたこのドリンクケースは、この“スーパーGT”のキャラクターと完璧に調和しています。金属製の留め金を外してケースを開けると、内部にはレッドのフェルトが敷き詰められ、シャンパンのボトル2本と、シャンパン・グラス4個を収納することができます。

 

 

 

アストンマーティン副社長兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマンは、次のようにコメントしています。「ボンド・カーのスペシャル・エディションの製作は、『007』シリーズの伝説と映画に登場するオリジナル車両を現代へと蘇らせるという点で、常にエキサイティングな挑戦となっています。DBS Superleggeraは、大きな注目を集めているマッスル・カーですが、オリーブグリーンのカラーを纏うことによって、獰猛なパワーとは裏腹に、繊細な印象を与えるクルマ仕上がっています。」

 

 

 

アストンマーティンDBS Superleggera 『女王陛下の007』スペシャル・エディションは、『ゴールドフィンガー』にヒントを得たDB5 continuationDB5コンティニュエーション)と2015 DB9 GTボンド・エディションに続く、『007』シリーズの最新モデルです。50台が限定生産されるDBS Superleggera 『女王陛下の007』スペシャル・エディションの価格は30007ポンドで、お客様への最初の納車は2019年第4四半期から始まります。

 

価格、デリバリー時期等の情報は、本国発表内容のため、日本とは異なる場合がございます。

 

 

 

ストンマーティンDBS Superleggera 『女王陛下の007』スペシャル・エディションの画像、映像は下記よりご確認くださいませ。

 

画像:

 

映像:

 

 

 

オプションのアクセサリー。

 

シャンパンは付属していません。

 

飲酒運転は法律で禁止されています。

 

 

 

アストンマーティン・ラゴンダについて

 

 

 

アストンマーティン・ラゴンダは、エクスクルーシブなスポーツカーとSUVの製造を専門とする、ラグジュアリー・オートモーティブ・グループです。アストンマーティン・ブランドは、最先端の技術、卓越したクラフトマンシップ、時代を超越したデザインを融合することにより、VantageDB11Rapide AMRDBS Superleggeraといった先駆的なモデルを生み出しています。ラゴンダ・ブランドは、2021年にラグジュアリーな電気自動車を製造する世界初の自動車メーカーとして復活を遂げる予定です。英国のゲイドンを拠点とするアストンマーティン・ラゴンダは、ラグジュアリー・カーを設計、製造、輸出し、世界53か国で販売しています。

 

 

 

ラゴンダは1899年に、アストンマーティンは1913年に設立されました。この2つのブランドは、1947年にデイビッド・ブラウン卿が買収して統合されました。アストンマーティン・グループは、Dr. アンディ・パーマーおよび新しい経営陣によるリーダーシップの下、2015年にセカンドセンチュリープランを策定し、持続可能な成長を続けています。このプランは、DB11、新型VantageDBS Superleggera、新型SUVを含む7つのニューモデルの導入に加え、ウェールズ州のセント・アサンに新しい生産拠点を開設することを柱としています。

 

 

 

 

 

イーオン・プロダクションズについて

 

 

 

イーオン・プロダクションズ・リミテッドおよびダンジャックLLCは、ウィルソン/ブロッコリー・ファミリーが100%所有し、その管理下にあります。ダンジャックは、既存の『007』シリーズの著作権をメトロ・ゴールドウィン・メイヤー・スタジオと共同所有し、将来の『007』シリーズを製作する権利を有する米国企業です。ダンジャックの関連会社であるイーオン・プロダクションズは、1962年から映画『007』シリーズを製作し、ダンジャックと共に全世界の商品販売を統括している英国を拠点とする製作会社です。『007』シリーズの最新作となる第25作目の映画は、現在製作中です。

 

お問い合わせ


一覧へ戻る